アクアマリン

アクアマリン

アクアマリン【Aquamarine】
藍玉(らんぎょく)
モース硬度/7.5?8
宝石言葉/平穏、勇気、聡明、幸福、永遠の若さ
産地/ロシア、アフガニスタン、マダガスカルなど

 

誕生石/3月(20世紀以前は10月)
チャクラ/5・6

 

アクアマリンはエメラルドと同様に鉱物学的にはベリルに属する石です。
ベリルには黄色、黄金色、水色、ピンク、緑などさまざまな色のものがあるが、このうち美しい緑色のものがエメラルド、水色、空色のものがアクアマリン、それ以外のものをベリルと呼ばれています。
その名前は、ラテン語の゛aqua maris(海水)"に由来しています。また、蝋燭などの夜の照明の中でとりわけ美しかったので中世ヨーロッパでは夜会用の宝石として好まれていたそうです。

 

精神を鎮めて穏やかで平和な気持ちに導くとされ、幸福・健康・富を象徴して幸せな結婚をさせる力があると伝えられています。 古くは、古代ローマの船乗りのお守りとされており、海の危険から守ってくれると信じられ、豊漁をもららす石とされていました。
また、エジプト王家の墓からはこの石の数珠が発見されています。

 

アクアマリンの意味する海水は全ての生命の源であることからこの石にも海と同じように無限の生命力をもたらす力や浄化作用を持っていると考えられ不快な思いを追い払い、より良い瞑想を与えてくれると言われています。

 

アクアマリンはベリルの仲間なのでこの他にも、ベリルの持っているパワーを秘めているとされ、第5、第6チャクラで特に大きな力を発揮すると言われています。