アベンチュリン

アベンチュリン

アベンチュリン【Aventurne】
インド翡翠、砂金水晶(さきんすいしょう)
モース硬度/7
産地/ブラジル、インド、ロシア、アメリカなど
チャクラ/緑4、青3、赤1

 

アベンチェリンは石英の中に別な鉱物の微細で有色の結晶を含んだ石で、緑色の雲母を含むと緑色に黄鉄鉱を含むと褐色になります。
含んでいるインクルージョンの性質によってさまざまな光の効果を生み出す石でインクルージョンの種類によって青緑色、オレンジ色などになる事もあります。

 

一般的に緑色をしているので、他の緑色の石と同じように豊穣や富をもたらす石と言われ、平和と愛をもたらす石とされています。
緑色のアベンチェリンは昔ジェードの代わりとして用いられました。
また、どの色のアベンチェリンにも独立心を強めたり、精神を安定させる効能があり、不安や恐怖に打ち勝つ力を与えてくれると言われています。

 

アベンチェリンには、先見の明を高める力もあり、この石を身に付けると機会を捉えることに積極的になり何事にも指導力を発揮できるようになると言います。
肉体的には、特に心肺機能を強化する働きや、自律神経失調症にも効果を発揮すると言われています。
緑色は第4チャクラ、赤は第1チャクラ、青は第3チャクラで効果が大きいと言われています。

 

高い意識を持続させたいときに持つと良いとされる石とされ、古代チベットでは「洞察力を高める石」として仏像の目にあたるところをこの石で飾ったと言われます。
精神面のバランスを保って感情を安定させ、情緒を豊かにすると伝承されています。