クリソプレーズ

クリソプレーズ

クリソプレーズ【Chrysoprase】
緑玉髄(りょくぎょくずい)
モース硬度/7
宝石言葉/「憂鬱からの解放」「堅忍不抜」「剛毅」
産地/ブラジル、オーストラリア、アメリカ(カリフォルニア州)など
聖書/12の土台石…10番目
チャクラ/4

 

淡い緑色や黄緑色のカルセドニーをクリソプレーズと呼びます。
古代から指輪やペンダントなどの装飾品として用いられました。怒りの感情を抑え緊張を和らげたり、希望を持たせて隠れた才能を引き出す力があると伝えられています。

 

中世ドイツの代表的女性神秘家のヒルデガルトは激しい怒りに駆られた時、クリソプレーズを喉に近づけると憤懣の情がおさまり、悪魔に取り付かれた場合には、クリソプレーズに注いだ水をある呪文を唱えてから飲ませると退散すると言われ、癲癇の症状を和らげる効果があると説明しています。

 

現在では、特に潜在意識との関係で重要な働きをする石と言われ、身体の中に自分でも気が付かない知識や才能が眠っている場合それを引き出してくれるといわれています。
また、子供の頃に受けた隠れた精神的ダメージやトラウマを癒してくれ、不安定な精神を穏やかにし生きるエネルギーが湧いてくるといわれています。

 

ハートチャクラと呼ばれる第四チャクラで大きな効果を発揮すると言われています。