シトリン

シトリン

シトリン【Citrine】
黄水晶
モース硬度/7
産地/マダガスカル、ブラジル、スペイン
チャクラ/7

 

昔から、商売の繁栄と富をもたらす「幸運の石」として珍重されてきた石で潜在的能力を引き出し、心身のバランスを保ち暖かいエネルギーで包み込む力があると伝えられ、生命力に満ち、勇気と自信をもたらすとされています。
コミュニケーションを活発にさせ、緊張を和らげるため人前で発表するときの手助けになるといわれています。
憂いを除き、困難に打ち勝つパワーがあるとされています。

 

シトリンは黄水晶という和名からわかるように、黄色あるいは黄金色の水晶です。
ただ、一般に売られているものはアメシストを熱処理して黄色に変色させたものが多く、天然の黄水晶は少ない。
シトリンの名はいかにもかんきつ頬のようなその色から付けられたもので、かんきつ類を意味するcitrus(シトラス)に由来します。

 

黄色あるいは黄金色をしたこの石は、古くから太陽との結び付きを指摘されており、似た色をしたトパーズと同じように心のなかの暗い影の部分に光をもたらしてくれる石としてお守りなどに利用されてきました。

 

その効果は現在も変わらず、失われた自信や希望を回復し、生きる意欲を高め、自殺に向かうような暗い心の動きを防いでくれるといわれています。