フリント

フリント

フリント【Flint】
火打石(ひうちいし)
モース硬度/6?6.5
宝石言葉/フリントの矢尻…「キューピッドの矢」
産地/ヨーロッパ、アフリカ、パキスタン
チャクラ/7

 

フリントはほとんどが珪酸(けいさん)からなる緻密で硬い岩石です。
不純物によつて、黄色、褐色、赤色などさまざまな色があります。
打ち割ったときの緑が鋭いのが特徴で、旧石器時代から世界各地で矢尻や石器用の石材として利用され、また、火打石としても利用されていました。

 

フリントで作られた弓矢の矢尻は、非常に古い時代から悪霊、病気、不運などを追い払う優れた魔除けの効果を持つと世界中で信じられていました。

 

スイスではフリントの矢尻や斧を皮紐の先端に結び、頭の周りでくるくると3度回し、家に向けて投げつけることで、家に雷が落ちるのを防ぐことができると言われていました。

 

イタリアでは子供たちを病気や邪視から守るお守りとされ、古代ローマ時代には珊瑚と一緒に犬の首輪に縫い付けると、犬が狂犬病になるのを防ぐと信じられていたそうです。

 

このほか、フランスでは安産をもたらす石として、マレーやスマトラでは幸運の石として、スラブ地域ではイボを治す石として利用されていました。

 

また、現在でもフリントの矢尻は愛のお守りと考えられているが、古代ローマでは最も効果的な愛のお守りは死体から取り出されたフリントの矢尻だったとそうです。
フリントは第7チャクラに作用することで、宇宙に対して心を掃かせ、コミュニケーション能力を高めるともいわれています。