パイライト

パイライト

パイライト【Pyrite】
黄鉄鉱(おうてっこう)
結晶系/等軸晶系
モース硬度/ 6 ? 6.5
産地/ペルー、イタリア、スペインなど
チャクラ/1

 

パイライトは日本名が黄鉄鉱という美しい黄金色の石である。その色が本物の金にそつくりでしばしば間違えられたことから、fool gold(愚か者の金)という別名もあります。
パイライトのパイ(Pyr)はギリシア語で火を意味するが、これはパイライトが古代から火打石として用いられたためだといいます。
宝石としての歴史も古く、古代ギリシアや古代ローマ、インカ帝国でも利用されていました。

 

パイライトは古くからアクセサリーや魔除けの護符などに利用されていました。
磨くと鏡のようになるので、ネイティブ・アメリカンやインカ帝国の人々は、この石を水晶と同じように未来を占う道具としても利用したといわれています。
また、ヒーリングストンとしても古くから利用されていたといいます。

 

古代より“火”と関係付けられていたパイライトは、現在も暗闇を照らして道を指し示す力があるといわれることが多いようです。
つまり、不安を解消し、行動するために必要な自信、決断力、勇気を与えてくれるといいます。