ヒンズー占星術と宝石の関係

ヒンズー占星術と宝石の関係

■ヒンズー占星術と宝石の関係
ただ単に占星術といった場合、普通は西洋占星術をさしますが、西洋占星術以外にも宝石が重要な働きをしているものにインドに伝わるヒンズー占星術があります。
ヒンズー占星術でも天体の配置(ホロスコープ)が人間の運命をある程度は決定するが占星術師によって与えられた運命を変える事ができるとされています。
この時に、ナヴァ・グラハと呼ばれる9惑星とそれに割り当てたられた宝石ナヴァ・ラトナが用いられます。
西洋占星術と異なるところは、宝石を選ぶ権限は完全に占星術師であるところです。
占星術師は医者のような存在で、まるで患者に薬を与えるように宝石の種類だけでなく重さまで決定するそうです。
なので、一般的な星座石と異なり、私達が勝手に選べるものではないのですがこれも伝統的なパワーストーンの利用法です。

 

【支配惑星と星座の関係】
太陽・・・獅子座
月・・・蟹座
水星・・・双子座、乙女座
金星・・・牡牛座、天秤座
火星・・・牡羊座、蠍座
木星・・・射手座、魚座
土星・・・山羊座、水瓶座
天王星・・・水瓶座、山羊座
海王星・・・魚座
冥王星・・・蟹座

 

【ナヴァ・グラハとナヴァ・ナトラ】
スリーマ(太陽)・・・ルビー
ソーマ(月)・・・パール、ムーンストーン
マンガラ(火星)・・・コーラル、ゴーメーダ(ガーネットの一種)
ブダ(水星)・・・エメラルド
ブリハスパティ(木星)・・・イエロー・サファイヤ、トパーズ
シュクラ(金星)・・・ホワイト・サファイヤ、ホワイト・ダイアモンド
シャニ(土星)・・・ブルーサファイア、ラピスラズリ
ラーフ(日食、月食などの蝕の作用)・・・パトパラージャ(サファイアの一種)
ケートゥ(彗星)・・・キャッツアイ