クリスタルヒーリング

クリスタルヒーリング

■クリスタルを活用した重要な効用

1.心身を癒す
2.自然治癒力を増強する
3.潜在能力を引き出し、自己現実を行う
4.深層心理に気づかせ、霊的な成長を促す
5.守護の力を強化する

 

クリスタルの力は、地球が生み出した大地の贈り物です。
自然のエネルギーを純粋に有したクリスタルだからこそ可能である生体への効用です。

 

人類は、石器時代からすでにパワーストーンの効用を知っていました。
そして、矢じりや火打石など生活の道具として、勾玉(まがたま)など神聖な護符としてなど、さまざまな場面で活用していました。

 

特に、医学の発達していなかった古代では、治療の道具や薬として、パワーストーンが広く用いられていました。粉末にして服用したり、体に当てて治療したりするなど、気や霊的な効用によって体と心、魂を癒したのです。
また、中世ではパワーストーンが魔術道具や宗教に取り入れられ、これにより科学や医学の進歩にも貢献しました。
しかし、科学や医療技術が飛躍的に発展すると同時に「民間療法」は否定されました。

 

ところが、近年、体の病巣を「部分」としてとらえる西洋医学の隆盛を経て人体を霊、気、肉体、精神の総合体ととらえる「ホリスティック医療」が徐々に注目されてきました。
その中で、さまざまな古代からの民間療法が見直されクリスタルヒーリングも一つの心理療法や代替療法、健康法として考えられるようになりました。