硬度・靱性(じんせい)で選ぶ

硬度・靱性(じんせい)で選ぶ

【硬度・靱性(じんせい)で選ぶ】
鉱物の「強さ」は石によって異なります。全ての鉱物には「傷つきにくさ」の基準が硬度で示されています。
この基準をモース硬度と言います。モース硬度は最も固いダイアモンドを10とし、数字が小さくなるにつれて傷つきやすくなります。
パワーストーンの場合は、硬度がその石の持っているエネルギーの強さに相当します。
硬度の高い石は簡単には傷つかず、頼もしい存在ですが、自分自身が弱っているときはパワーが強すぎて疲れを増幅させてしまいます。

 

一方、硬度の低い石はこまやかな気配りで持っている人を慰めてくれます。
つまり、硬度の高い石ほど他人に影響されにくいパワーを持ち、硬度の低い石は繊細な気配りで周囲を癒すパワーを持っているのです。
また、パワーストーンの強さは傷つきにくさだけではなく壊れにくさも強さになります。

 

例えば、ダイアモンドは傷つきにくいけれど、金槌で叩くと簡単に割れてしまいます。
こうした、衝撃に耐える性質を靱性(じんせい)と言います。
翡翠や真珠は表面は傷つきやいですが、衝撃に強く壊れにくい代表的なパワーストーンです。
これらの靱性(じんせい)の強い石は粘り強さなど、本質的な強さが必要な時に最適な石です。
自分自身の体調や精神状態に合わせて硬度の高い石や低い石、靱性(じんせい)の強い石、弱い石を使い分けると良いでしょう。

 

【モース硬度と基準となる鉱物】
硬度 パワーストーン
10 ダイヤモンド
 9 ルビー、サファイア
 8 トパーズ
 7 クォーツ
 6 長石
 5 アパタイト
 4 フローライト
 3 カルサイト
 2 石膏
 1 滑石